2017年04月06日

渡りに備えて?

グーンと暖かくなりました。でも、公園の桜の出足は遅く、週末に雨が予想されていますが、まだしばらくの間桜が見られそうです。そして、公園のあちこちで春の落ち葉が目立ちます。常緑樹は新芽が出てから古い葉っぱが落ちるからです。クスノキが一番わかりやすい。
鳥たちは渡りに備えてキンクロハジロ、ホシハジロ、ハシビロガモ、スズガモなど、それぞれ集団になっている感じです。2号小屋にはとってもきれいなスズガモが。
IMGP1484_1.jpg
posted by yamada at 21:28| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

残念なお天気

2016年も残りわずか。今年最後の当番日はちょっと残念なお天気でした。雨は夜まで降らないと思ったのに午前中から雨粒。空は厚い雲に覆われてしまいました。公園にはヒヨドリ、ツグミ、ムクドリ、アトリが飛び交っていました。モズ、アオジ、ジョウビタキ、ノスリ、オオタカなども観察されたようです。東淡水池ではオオバン、キンクロハジロ、ホシハジロ、ハシビロガモ、コガモなど、まずまずの数が見られました。でも、今日の写真はみな暗くて出来が悪くて残念。その代わりに冬の公園を彩る花、スイセンとサザンカ、そしてそれらに集うハナアブ(ホソヒラタアブ)をご覧ください。
IMGP1706_1.jpg
IMGP1717_1.jpg
posted by yamada at 21:55| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

寒波到来

午前中は風が冷たく、ニュースになっている寒波の到来を実感させるようでした。お昼を過ぎると風が弱くなり、空も青く、割と過ごしやすかった。アトリやアオジ、モズ、カワセミ、ジョウビタキなどがあちこちで見られ、ノスリ、オオタカが観察されました。ハヤブサらしい影も。でも、ちょっと遠かった。クイナ、ヒクイナは残念。
今日一番にぎわっていたのは東淡水池。ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、マガモ、カルガモなどがずらりと並び、池にはオナガガモがとってもきれいでした。
ちょっとドキドキさせてくれたのは、最近困ったことに増えている野猫。ずらっと並んだカモたちを木立の陰から狙うように近づいて行きました。そしてカモたちは水の中に避難。ちょっと困ったもんです。
IMGP1649_2.jpg
(猫が近づいて飛び立つ)
IMGP1651_1.jpg

posted by yamada at 21:52| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

小春日和

今日も穏やかなやわらかい陽射しに包まれた一日でした。公園入口近くにはツワブキの黄色い花が季節を彩っています。陽射しに誘われてカメラを手に多くの来園者がいらっしゃる中、メジロとシジュウカラを主体とした小鳥の群れがカキの実やハルニレなどの実をつついては飛び回っていました。と思うともっと高い空をノスリがカラスを引き連れて通り過ぎました。
(つわぶき:これから冬に向かっても鮮やかです)
IMGP1025_1.jpg
(ノスリとハシブトガラス)
IMGP0994_2.jpg

オープンしたネイチャーセンターではボランティアガイド作品展を開催しております。今年はちょっと小規模ですが、どうぞ皆様ご覧になってください。
IMGP1013_1.jpg
posted by yamada at 23:09| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

秋の日

今日は青空がきれいで、陽射しが暖かく、でもちょっと風が強かった。アキアカネが真っ赤になってスイスイ飛び回ったり、畑の竹竿や、木の枝の先にたくさん止まっていました。西園ではたくさんのチョウたちが目立ちました。ムラサキツバメ、キタテハ、キタキチョウ、モンキチョウ、モンシロチョウ、ヤマトシジミ、イチモンジセセリ、そしてウラギンシジミはいつも速いスピードで高いところを飛び回るのですが、今日は♂が目の前で羽を広げてくれました。
IMGP0716_1.jpg

芝生広場では入口ちかくのヤマボウシの葉が赤くなり、奥のサクラにはもう冬芽が見られるようになりました。季節が移り替わっています。
IMGP0742_2.jpg
posted by yamada at 20:54| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

10月なのに陽射しの強い一日

毎日気候の変わるこの頃です。今日は陽射しが強く、汗をかくほどでしたね。西園に入るとすぐエゾビタキが木のてっぺんで挨拶をしてくれました。昨日はアカゲラ、オオルリ、ジョウビタキとにぎやかに見られたそうで、期待していたのですが、残念ながら会えませんでした。センダイムシクイを観察したと伝わってきました。学習センターの前の背の高い木。でも、私が撮れたのはさっきのエゾビタキでした。暖かいので、チョウがひらひら、アキアカネも飛んでました。秋ですものね。芝生広場では大きく色づいたカキの実にメジロが夢中でした。
IMGP0639_1(1).jpg

東園にはカモが集まってきています。カルガモ、マガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、オカヨシガモも見られたそうです。今頃のカモたちは大人の冬羽になりきっていないので、判断が難しいですね。多いのはキンクロハジロとホシハジロ。オオバンも見られました。1号でカモをみていたら、すぐ近くにカワセミがいて、水にジャンプ。見事魚をくわえて、対岸に飛んでいきました。
IMGP0669_1(1).jpg

posted by yamada at 18:56| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

夏かな。トンボや蝶がいっぱい

まだ梅雨明けとは言われていないけど、今日は暑くなる予感の日でした。見上げると一週間前いったいどこに隠れたのかと思ったチョウトンボがひらひら舞い、アオスジアゲハ、キアゲハ、アカホシゴマダラ、コミスジ、ジャコウアゲハ、ナガサキアゲハ、キタキチョウ、モンシロチョウ、ウラギンシジミなどチョウが飛び交いました。
(ヒマワリとキアゲハ)
IMGP2586_1_NEW.jpg
(5頭のアオスジアゲハが一緒に空に舞い上がりました)
IMGP2624_1_NEW.jpg

西園にはコムクドリねらいのカメラが据えられていました。ちょっと我慢して待てば見られたと思います。ねばることなく見られるのはスズメ。セミなどを捕まえて格闘する姿があちこちに。東園にはたくさんのカルガモ、カイツブリの一家、コチドリの一家、ゴイサギとホシゴイ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、カワウ、残っているキンクロハジロ、バンなど、少し賑やかになっています。

そして、もう引き上げようした時に田んぼ手前の小川でシマヘビがアズマヒキガエルをぐるぐる巻きにしているのを見つけました。カエルが大きいので飲み込むことができず、さて、いったいどうするつもりか、結論まで見たかったけれど、時間切れになりました。最後はどうなったのだろう。。。
(カエルの頭にかじりつこうとしているシマヘビ)
IMGP2638_1.jpg
posted by yamada at 20:52| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

しとしと雨の公園

東京はまだ梅雨が明けません。今日は弱い霧雨が時々降るのかと思っていたら、結構マジな霧雨がずーっと降り続けました。雨の日には虫が低いところにいるから、ツバメが低く飛ぶといいますが、今日は一日ずっと芝生広場をツバメが飛び回っていました。人が通り過ぎてもお構いなしで、すぐ近くを飛んでいました。ほかにも、ムクの群れやハクセキレイ、スズメなど、芝生広場はにぎやかでした。
IMGP2497_1_NEW.jpg

西園を進んでいってもたくさんいるはずのチョウトンボもヤンマもどこで雨宿りやら、まるで見かけません。
こんな時に目につくのは、妙にねじれた葦の葉っぱがあちこちに見られることですね。これを作る犯人はクモ。ウェブでしらべると、ヤマトコマチグモやカバキコマチグモの名前があげられています。ねじれた葉っぱを開くと、中で子育てをしたりしているわけですが、基本、生物には触らず、写真を撮るだけなので、残念ながら中のクモの写真はありません。なお、カバキコマチグモは毒グモなので、観察するときには絶対触らないように気を付けてください。
IMGP2468_1.jpg

そのほか目立ったのはニイニイゼミ。あまり目立たないセミなのに今日はちょっと木の幹を眺めるとニイニイゼミだらけでした。地面はセミの幼虫が出てきた穴があちこちに開いています。その他、このところ二度ほど振られていたコミスジがカメラに収まってくれました。
IMGP2508_1.jpg
posted by yamada at 20:45| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

夏の一日

七夕の今日、夏の一日でした。少し前からニイニイゼミの鳴き声がかすかに聞こえていましたが、それがだんだん大きくなり、身近に感じるようになりました。ほんとに夏らしいミンミンゼミやアブラゼミの登場はいつでしょう。
(ニイニイゼミ見つけました)
IMGP2181_1.jpg

いま、西園や芝生広場に目を向けるとムクドリの群れが目につきますね。一生懸命地面をつついています。中に、コムクドリやもしかしたらギンムクなどが混じっていることもあるから、ちゃんと見なければと思いながら見るのですが、探せたためしがありません。東観察広場では、コムクドリの群れが見られたとかとのうわさでした。
(西園入り口のムクの群れ)
IMGP2269_1.jpg

東淡水池にはオオヨシキリの鳴き声がひびき、バンの親子、カイツブリ、ハクセキレイやコチドリの若鳥、そしてツバメ、コアジサシ、カワセミとにぎやかでした。潮入りの池では活発なカワウの集団採餌がみられ、残されたキンクロハジロとスズガモがなぜか仲良く並んでいました。
posted by yamada at 20:46| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月30日

今日の公園

雨が予想されていましたが、結局雨は降りませんでした。でも、湿度が高くムシムシ。これから先はみなさん、蚊に刺されないよう注意しましょう。さて、今日の一番の話題は昨日報告されたバンの7羽のヒナとカイツブリの二度目の産卵の親子。オオヨシキリは相変わらず賑やか、ムクドリが芝生広場に群れていました。

西園では、3号小屋の前の池にタヌキモが一面に広がり、チョウトンボやショウジョウトンボが飛び回っており、4号ではムスジイトトンボを観察。でも、新しい発見はありませんでした。今日のショットはムスジイトトンボとミシシッピアカミミガメのコラボ。カメが近寄ってきたなと思ったら、ちゃっかり、その甲羅のうえにトンボが乗りました。来週はもっと目新しいものが探せれがいいなと思います。
IMGP2142_1_NEW.jpg
posted by yamada at 22:48| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

梅雨入り

梅雨前線はまだ遠くにあるらしいけれど、今週は雨の様子。アジサイが色鮮やか。チョウもトンボも葉っぱの影でおとなしくしているのでしょうか。今日はショウジョウトンボをよく見かけました。4号小屋にイトトンボを観察に行くと、タヌキモの花が咲いていました。風がなく、静かな水面で、ムスジイトトンボが動き回るのが比較的よく見分けられました。昨日観察されたベニイトトンボは残念ながら見つからず。
(タヌキモの花。タヌキモは食虫植物だとか。もっと調べたくなりました。)
IMGP1766_NEW.jpg

東園の通路。1cmくらいのちびのカエルがたくさんでした。うっかりすると踏みつぶしそう。皆様ご注意を。陸に上がってすぐのヒキガエルらしい--これももう少し調べる必要ありですね。
IMGP1749_NEW1.JPG

posted by yamada at 20:48| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

こどもの日の公園

快晴のこどもの日、公園には子供連れのご家族がいっぱいでした。芝生広場にはシートやテントまで並び、8日まで催されているスタンプラリーに興じていました。赤く実ったヘビイチゴを摘んだり、クスノキの葉っぱの匂いをかいだり、ニホンカナヘビに驚いたり、楽しそうでした。ベビーカーに飾られた鯉のぼりがほほえましい。
IMGP0835_NEW.jpg

野鳥ファンはエナガの親子を探していました。私も見たかったけど、残念でした。潮入りの池ではチュウシャクシギ、キアシシギ、コチドリ、イソシギが見られる2号観察小屋が一番人気。常時20人超のお客様で満員。1号観察小屋もいっぱいでした。コアジサシも盛んに水にジャンプ、婚姻色で目の周りがほんのり赤くなったコサギも飛んできました。アオスジアゲハの数が増え、ギンヤンマも飛び回っていました。
IMGP0818_1.jpg
posted by yamada at 18:10| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

また雨の公園

公園入口の4月の野鳥リストを見ると今年初めて観察されたという印である赤丸がたくさん見られます。この数日もオオヨシキリやビンズイが赤丸になっていました。でも、毎週木曜は天候が悪く、鳥たちになかなか会えません。今日も同じで朝からずーっと雨。来園者もなく寂しい一日でした。
西園ではまだまだ小さいクワコを見つけました。
IMGP0765_1.jpg

2号観察小屋の目の前ではカワウの集団採餌に便乗するダイサギとアオサギ。コチドリも賑やかでした。
IMGP0751_NEW2.JPG
posted by yamada at 20:45| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

オオルリやキビタキはどこに?

午前中は雨、午後になって明るくなりました。日曜日の公園にはオオルリやキビタキをねらったカメラマンが大勢いらっしゃいました。オオルリの鳴き声は西園で聞こえていたそうですが、姿は見せなかったようです。レンゲの花の咲く午後の水田でトンボが一頭。飛び回っていて写真が撮れなかったのですが、色がシオカラの若よりも赤茶っぽく、種類が特定できませんでした。2号小屋前は今日もチュウシャクシギとカニの劇場だったようです。
写真は再度キンラン。キンラン、ギンランはほんとに増えました。
IMGP0712_1_NEW.jpg
posted by yamada at 20:24| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

曇り空の公園

やっと雨は上がったけれども、また今日木曜は曇り空でパッとしません。一週間ぶりの公園は新緑が一層鮮やか。西園に入ってすぐ、シュンランに続いてエビネが咲き、ギンランにはもうすぐにでも開きそうなつぼみがつていました。少し奥ではキンランのつぼみも膨らんできています。
学習センターを過ぎた所の巣箱からシジュウカラが飛び出してきました。きっと巣箱の中には卵があるのでしょう。シジュウカラのさえずりはあちこちに響いていました。田んぼ周辺にカルガモのペア、アオジらしい小鳥が飛びましたが、確定はできず。
(レンゲの花をバックにカルガモのペア)
IMGP0485_1_NEW.jpg

東園では東観察小屋の工事はあと一歩。もうすぐスコープも取り付けられるかな。淡水池にはコガモの群れ。ヨシが刈られた島ではアオサギとダイサギ。ツバメが低く飛び回っていました。潮入りの池ではコガモ、オカヨシガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、オオバンにカイツブリ、コチドリ、イソシギ、ダイサギ、コサギ、対岸にはアカハラ。オオジュリンもまだいます。
(ダイサギのクチバシ、すっかりきれいなグリーンになっています)
IMGP0503_NEW.jpg

天気予報では正午過ぎには晴れマークだったのに太陽は顔を出さず。来週は晴れになりますように。
posted by yamada at 18:51| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

雨の公園

花散らしの雨。結構、激しく降りました。まだまだきれいに咲いているサクラですが、今晩強風が吹くとのことでちょっと心配。雨の中、メジロの群れが花の間を飛び交っていました。ウグイスの声も聴けそうですが、激しい雨の音に苦戦。潮入りの池ではツバメが低く飛び回っていました。ケヤキやクスの新緑がきれいです。明日は天気も回復するらしいので、明日に期待しましょう。
西園で雨にたたずむアオサギ、色づいた嘴が鮮やか。そして、クスの新緑です。
IMGP0200.JPGIMGP0210.JPG
posted by yamada at 17:42| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

今日の公園

昨日まで温かさは感じられなかった今日の公園。特に雨の降っていた午前中は風が冷たく、冬に逆戻りした感じでした。それでも、オタマジャクシは大きくなって泳ぎ回り、ウグイスのさえずりが響射ていました。コチドリもやってきたということで、探したけれど見られませんでした。残念。

東観察小屋が一部使用できるようになり、東淡水池への左の通路が通れるようになりました。通路ではナワシログミの実が色づいていました。
IMGP0330_2.JPG

潮入りの池ではしばらくぶりでオカヨシガモと思われる一群が見られました。でも、飛行機の爆音に驚いたのか一斉に飛び立ってしまいました。
IMGP0333_1_NEW.jpg

午後、一号小屋の目の前でアオサギが食餌。
IMGP0378_1.JPG

その他、3号小屋ではアカハラ、シロハラが藪をつつき、メジロが飛び交い、エナガ、ジョウビタキ、ヒヨドリ、カイツブリはだんだん色が濃くなってきていますね。オオジュリンも飛び交っていました。
posted by yamada at 21:34| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

霜が降りた日

昨日はあんなに賑やかだったのに、今日はどうした。。。静かでした。空は真っ青、風の通らないところではポカポカ。しかし、やっと冬将軍が幅を利かせるときがやってきたのか、田んぼの水には氷が張り、4号にむかっての陽が射さない部分では、いち早く咲き始めたヒメオドリコソウにも霜が降りてました。風が当たるところはやはり寒い。

IMGP1384_new.jpg

ツグミ、ノスリ、ジョウビタキ(♂、♀)、ハクセキレイ、アオジ、オナガ、メジロ、シジュウカラ、キンクロハジロ、ホシハジロ、オオバン、バン(yg)、カイツブリ、アオサギ、カワウ、たくさんのスズメ、ヒドリガモ、スズガモ等々を観察。ちょっと変わり映えがしないと思っていたら、東淡水池でオオタカの若がホシハジロを獲ったとの知らせが。残念ながら目撃できませんでした。NC
の奥あたりではハイタカも見られたとのニュースもありました。
posted by yamada at 18:10| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする