2017年08月03日

虫こぶ?じゃなくってクラウンゴール?

園入り口近くの若いコナラの木に見慣れない瘤がたくさんついています。虫こぶだろうと思っていましたが、これは虫こぶではなく、クラウンゴールと呼ばれ、土壌細菌が原因で植物にできる瘤であることが判明しました。自然界にはまだ知らないことがあふれていますね。それにしても、この瘤、樹木にとって悪いものなのでしょうか、ほっておいても良いものなのでしょうか...
IMGP4882_1(4).jpg
posted by yamada at 20:50| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。