2017年04月27日

野鳥日記:キビタキはどこ?

どんどん緑が濃くなってきています。えだの小鳥を探すのが難しくなってきました。朝、キビタキの声が聞かれたそうです。でも見つかりません。今日はなぜだかヒヨドリがいない。聞こえるのはシジュウカラのさえずり。そして、午後にはガビチョウが鳴いていました。東淡水池にはまだ残っているハシビロガモ、コガモ、スズガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、バン、カイツブリ、そして、ツバメ。潮入りの池ではスズガモ、キンクロハジロ、アオサギ、コサギ、ダイサギ、カワウ、そして、あちこち動き回るチュウシャクシギ、コチドリ、コアジサシ。早くもオオヨシキリが見られたとか。季節は変わっていきます。
(東園の巣箱の近くでイモムシをくわえたシジュウカラ)
IMGP2118_1.jpg

posted by yamada at 20:42| 東京 ☀| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キンラン、ササバギンラン

シュンラン、エビネに続いてキンラン、ギンランが咲き始めました。西園の入り口近くにびっしり。曇っていた朝のうちはまだつぼみ状態だったのに、午後になって晴れるとあそこにも、ここにも。ササバギンランは毎年どんどん増えている感じです。なんと、東園のNCへ向かう外側の通路のわきにも発見しました。
(キンラン)
IMGP2075_1.jpg
(ササバギンラン)
IMGP2142_1.jpg

posted by yamada at 20:27| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする